絵本の楽しみ方
若頭
読めないけど絵本を読んでみたりします
ってのもね、半分覚えてるから
絵を見ながら勝手にくっちゃべってる感じ
しかしね、聞いてて面白いんですわ

『うしろにいるのだあれ』

d0078884_1240247.jpg

これ、愛子様ご愛読と有名になり
ちょっとミーハーに婆が買ってきていました

「かめくん かめくんのうしろにいるの だあれ  あっ ねこさん
ねこさんのうしろにいるのだあれ」
 と本文

若頭の手にかかると

「かめさん かめさんのうしろにおるの だれ? あっ ねこさんがおった」

と、超広島弁バージョンに変身
最後は

「みーんな近くに居てるんだね」

関西弁
近所の仲良しのおばちゃんが
関西人だった・・・
なかなかおもろい


ついでにもうひとつ
『ライオンキング』

d0078884_12413445.jpg

絵本の中にお父さんを殺された若王子シンバが
自分を責めるシーンがあり
「お父さんが死んだのは僕のせいだ」
と、ちょっと泣けるとこ・・・

この本を読んでから
若頭、よく分かりませんが
ボウケンジャーのポーズ付きでキメ台詞


「おとうさんがしんだのはぼくのせいだ!」


こらーーーーー
こらーーーーーーー
知らない人が聞いたらびっくりするでしょーーーー
やめなさーい
そこだけ言うのやめなさーい
あんたの父ちゃん生きてますーーー
こらーーーーーーーー


母「あーーーシンバの父ちゃんよねー、 若頭の父ちゃんは?」

若「生きてるー」

母「そうよねー、生きててよかったねー」

わざとらしくねー
回りに聞こえるようにねー
大声で会話をしないといけないでしょーー

大汗
[PR]
by shihotaichi | 2006-09-05 12:39
<< おめでたい 日曜日 >>